2010年03月05日

市立小給食から縫い針=京都・城陽(時事通信)

 1日午後0時40分ごろ、京都府城陽市立小学校で、5年生の男児が給食のみそ煮込みうどんを食べた際、わんに縫い針1本(長さ4.6センチ)が混入しているのを発見した。男児にけがはなかった。府警城陽署は意図的に針を入れた可能性もあるとみて、偽計業務妨害容疑を視野に入れ、調べている。
 同署や小学校によると、給食は同日午前、市立学校給食センターで調理され、同11時10分ごろに小学校に運ばれた。午後0時半すぎから食べ始めたという。 

【関連ニュース】
採用窓口に無言電話1200回超=「癒やされたい」、32歳男逮捕
ご当地グルメのギョーザで宣言=津市〔地域〕
生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕
食パンに針混入=67歳女を逮捕

「負けて腹立った」パチンコ店員に放火未遂、容疑の男逮捕 大阪府警(産経新聞)
大阪のスキーヤー、遺体で発見=岐阜(時事通信)
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
元校長の処分取り消し確定=養護学校訴訟−最高裁(時事通信)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
posted by マナベ コウジ at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。